社会福祉法人 赤磐市社会福祉協議会

  1. ■トップ
  2. ボランティアセンター
  3. ボランティアって?

あかいわボランティアセンター

■ボランティアセンターってどんなところ? イラスト

ボランティアセンターではボランティア活動に「関心がある!」「参加したい!」「手伝ってほしい!」人たちのための相談窓口として、様々な情報を集めて、みなさんのボランティア活動を応援します。

◆ボランティアセンター体制図
 体制図
みなさんの身近な相談窓口として、社会福祉協議会各支所にステーションを設置しています。

◆ボランティアセンターの業務は?
1.相談・登録受付・情報提供

ボランティア活動をしたい人、ボランティアを求める人の相談を受け付け、内容に応じて登録、情報提供を行います。


ボランティア活動したい人

●登録の条件は?

  1. 赤磐市内を拠点に活動すること
  2. 営利を目的としないこと
  3. 宗教活動や政治活動を主たる目的としないこと
  4. 暴力団に関係していないこと

●登録のメリットは?

  1. 活動に必要な情報提供をします
  2. 連絡及び活動調整をします
  3. 広報紙等で活動のPRをします
  4. ボランティア連絡会(交流会)へ参加できます
  5. コピ機ーの利用ができます(グループ月間100枚まで無料)

●個人でも登録できるの?

個人、グループでも登録できます。個人登録ボランティアの内容は福祉施設での利用者との交流やおしめたたみ、外出介助、パソコン指導、調理ボランティアなどがあります。活動の紹介をしますので自分のできる範囲で無理なく始めてみてください。


ボランティアを求める人

ボランティアに来て欲しい施設、団体、個人の方からの相談を受け付けます。内容に応じてボランティアとの調整や他の機関の紹介をします。


2.ボランティアに関する広報・啓発

2か月に1回、社協広報紙「福祉のひろば」でボランティア活動に関する情報をお届けしています。また各ステーションでは情報誌、パンフレット等がご覧いただけます。

 福祉のひろば
3.養成講座・研修

ボランティアをより多くの方に理解していただき、活動に参加していただくきっかけや技能を高める機会として、様々な講座(ボランティア講座、専門研修)などを行います。

4.連絡調整・ネットワークづくり

活動を希望する側と受け入れ先の福祉施設、団体等との連絡や事前・事後調整をします。またボランティア同士の情報交換・交流の場を作ります。

5.機材の貸出

地域のサロン等ボランティア活動に必要な機材、体験学習や講習会の際は車いす、アイマスク、高齢者疑似体験セット等を無料で貸出します。

6.福祉教育の推進
イメージ

子どもから大人まで「福祉」や「ボランティア活動」に触れる機会を提供します。また、学校などと連携を図り、総合的な学習の支援を行います。

7.ボランティアが安心して活動するための基盤づくり

ボランティア活動中の万が一のけが等に備え、保険手続きの窓口となっています。
※対象とならないボランティア活動もあります。

詳しい内容はこちらへ ふくしの保険
http://www.fukushihoken.co.jp

お問い合わせは >>社会福祉協議会各支所へ

▲TOPへ